FC2ブログ

デ・ステイル建築研究所 DE.STIJL ARCHITECTS & ASSOCIATES

設計活動の日々を綴っています。 ~デ・ステイルとスタッフと、時々、ボス~ 

■赤と青の椅子  

Roodblauwe-stoel.jpg


名作椅子ミニチュアコレクション第一弾はもちろん、こちらです。

1918年 ヘリト・トマス・リートフェルト設計の「赤と青の椅子」

リートフェルトは『デ・ステイル』を核にして集まった
美術家や建築家たちのひとりでした。


■デ・ステイル■
『デ・ステイル』とは、1917年にオランダで創刊された雑誌名であり、
それに基づくグループおよびその運動のことを指します。
オランダ語で様式という名のこのグループの理念は、
垂直線・水平線・三原色(赤、青、黄)・無彩色(白、灰色、黒)による造形。

まさに「赤と青の椅子」は、デ・ステイルの代表的な作品のひとつです。


(ARA)




関連記事
スポンサーサイト



category: ●けんちく

thread: 建築 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://destijlarchi.blog.fc2.com/tb.php/13-27b1f40a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)